top of page
P35

大杉図(大湫の大杉)

 15年くらい前になると思うが、何度か通って描いた岐阜県瑞浪にある「大湫の大杉」がつい先日(2020年7月)大雨で倒壊した。

 樹齢1300年ということなので、奈良時代初期くらいから、奈良、平安、鎌倉、室町、江戸と、ずっと、足元の街道町を見守ってこられたということだ。
 一見すると、すくっと上に伸びているように見えるが、地面から10メートルくらいのところから複雑に枝分かれをしていて、それが蛇がのたうつような迫力のある樹だった。近くに住んでいる女性の方が、「小さい頃は、前を通るのが怖かった」と話をされていたのが印象的だった。
 元々、生えている場所も、手前が削られているような立地で、場所的にはどうなのかなあと思ってたが、残念。 
 現在復興プロジェクトが進められているとのこと。                   合掌。

P35
bottom of page