top of page

野仏図


 薄暗い山道を駆け足で降りてゆく。僕は何か考え事をしていたんだろう。
突然、目の前の光溜まりに目を奪われ、思わず声をあげる。数頭のチョウが、 まるで 光溜まりの分身であるかのように舞い出る。 羅漢さんは、それらの出来事に無関心なのか、ただ佇んでいる。

僕はそっと手を合わせて立ち去った。
P47
P47
bottom of page