top of page
P48

雪中野仏図

 このお寺の前の道を毎日のように歩きながら、この階段と向こうに見える地蔵堂を描きたいと思っていた。

 春の若草にしようか、夏の生い茂った草の景色、秋の彼岸花どれもお似合いだったが、結局雪景色に決定。階段の表情にクローズアップできる。 お二人の羅漢さんには他から出張参加していただいた。

 雪の中だが、心なしか気持ちよさそうにも見える。 
日々是好日。    合掌
P48
bottom of page